WARAKUSHA

初瀬実月

profile

初瀬 実月

licenses

福祉住環境コーディネーター三級
カラーコーディネーター三級
建築積算士補

お客様へメッセージ

せっかく建てるなら「よいもの」を手に入れていただきたいというのが、私の願いです。
「よいもの」とは「高級なもの」と同義ではなく、先生方と設計者が一緒にこだわって創る建物だと思っています。こだわった分だけ皆に愛される建物になるということを、業務の中でも感じてきました。
図面を描くという業務を通じて、最高の建物づくりをお手伝い致します。

初瀬実月
建築を志した
きっかけ

物心ついたときには、既に建築への想いを自覚していたように思います。
幼稚園の頃はおもちゃの家の間取りが気に入らず、段ボールなどで間仕切を立てながら自分なりにアレンジして遊んでいました。
中学時代には通学路の住宅が気になってじっと立ち止まって観察したり、「もしも自宅を建てるなら…」と空想したりして、気付いた時には「建築士になる」と決めていました。

それゆえ、高校受験を控え進路を選ぶ時も、専門性が高められる学校を選ぶことが私にとっての大前提でした。一般教科を学ぶ時間が惜しく感じ、好きな建築が沢山学べる学校に行きたい!と選んだのが、所長や事務所の先輩と同じ浜松工業高校の建築科です。
高校の授業は製図や施工の実習が中心の過密スケジュール。午前中3時間、午後3時間とそれぞれ通しで教室に缶詰め状態の授業でしたが、毎日新しい発見があり課題も苦になりませんでした。

唯一の心残りは製図の課題で、当時はきれいな図面を描くことに意識が向き、実物の詳細まで具体的に想像しながら描くに至らなかったことが悔やまれます。社会人になった今、あの時の課題をやればもっと多くのことを学べるな…と思ったりします。
WARAKUSHAには、高校の先生の推薦があり新卒で入所しました。実務を通して、実力を磨いていこうと思います。

仕事に対する
想い

色々な分野に興味を持って体験し、自分の素地を耕すように心がけています。海や山に行けば自然界の織り成すデザインが見られ、陶芸をすれば人間の手の動きに馴染んだデザインが生まれます。建築のデザインも、それらと決して無関係ではないと感じています。
耕した素地を業務に活かし、良い仕事をしていきたいと思っています。

PAGE TOP