WARAKUSHA

最高の
治療・ケアのために

私たちも最高の設計を
ご提案します

WARAKUSHA代表・山﨑正浩は、建築士として約35年間実績を積む中で数々の医療・福祉施設の設計を手掛けてきました。

クリニックなら内科や消化器科、皮膚科、診療内科、歯科など、福祉施設なら障がい者施設にケアハウス、グループホームなどの実績があります。規模も医院併用住宅や通所型サービスからオペ室付き診療所や入所型施設まで、大小さまざまです。

設計打合せの中で、多くの院長・理事長先生が過去に共通した建物の悩みを抱えて来られたことに気付き、それらの悩みを解決する設計を提案してまいりました。

お施主様としっかりと向き合い、最も適したプランを練り上げていくのが設計者の使命と考えます。それはきっと、先生方が患者さん、利用者さん一人一人に合わせて適切な治療・ケアを展開されるプロセスと同じなのではないかと思っています。

WORKS設計事例

VIEW MORE

COLUMNコラム

  • クリニック新築の流れ【第2回:「実施設計」ドクターのための打合せポイント】

    クリニック新築の流れ【第2回:「実施設計」ドクターのための打合せポイント】

    0. 設計打合せの流れ クリニックの新築時、院長先生が知っておくべき設計打合せの流れをご紹介してい…

  • クリニック新築の流れ【第1回:「基本設計」で高精度の予算・スケジュール】

    クリニック新築の流れ【第1回:「基本設計」で高精度の予算・スケジュール】

    0. クリニック新築 打合せの流れ 医院開業前の準備には事の大小、期間の長短様々ありますが、中でも…

  • 「適性価格」重視派に。設計事務所に医院新築を依頼する3つのメリット

    「適性価格」重視派に。設計事務所に医院新築を依頼する3つのメリット

    0. 医療福祉施設を依頼する2つのルート 医院建築(クリニック)や福祉施設の新築を考える際、大きく…

VIEW MORE

ABOUT WARAKUSHA

代表の山﨑が長年の設計事務所勤務を経て、
「デザインも機能もどちらも優先させたい」
というドクターの先生方の切なる願いに
「手しごと」の設計で応えるべく、
自宅の一室からスタートしたのが
「WARAKUSHA」です。

ひとつひとつの建物に手をかけ心を込めて、
ドクターであるお施主様の付加価値向上を
お手伝いすることが、
我々の使命であると考えます。

設計技術にゴールはありません。
お施主様の大切な建設費、
そして建物という財産価値を
専門的な立場からしっかりと守れるよう、
日々技術向上に努めています。

設計への想い
PAGE TOP